最新号目次
No.2200
2017/07/19
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑥ 大手商社
「食料部門」の現状と今後の重点施策(前)

懸念だった大型案件の改善が進み、着実に収益貢献を果たす各社

◇食品流通や生鮮食品などの健闘で好業績を残した伊藤忠商事の食料カンパニー
◇全体的な事業の見直しの成果でDoleの業績が大きく改善した伊藤忠
◇GavilonやCGIなど北米穀物事業が改善し、業績を押し上げた丸紅の穀物本部
◇食品卸や小売などの事業会社が健闘して堅実に稼いだ丸紅の食品本部
◇天候不順で穀物事業や青果物事業が低調だった住友商事の食料事業本部
◇世界的な青果物卸売企業を買収して青果物のポートフォリオを強化した住商
◇ブラジル穀物集荷事業の減損などで赤字となった双日の食料・アグリビジネス本部
◇収益構造の多角化を図り、安定的な収益の塊を構築する双日

○ 大英博物館・特別展「北斎-大波の彼方へ」を協賛する三菱商事
○ 当期利益1079億円となった豊田通商におけるIFRSベースの連結業績
☆「三井物産環境月間」の10周年を記念し、池上彰氏の特別記念講演を開催した三井物産
☆住友商事グループで最も長い歴史を持つ千葉共同サイロが社員の手作りによる「創立50周年感謝の集い」を開催
Information
  • ◆弊社はこの度、フェイスブックを始めましたので、どうぞよろしくお願い致します。
    https://www.facebook.com/brainsnet.jp/
  • ◆大手商社の『海外関係会社ハンドブック2017年版』発売中。
  • ◆大手商社 『組織図と担当役職員録2017年版』 8/中 発売予定。