大手商社のサーキュラーエコノミー関連ビジネス(後)

プラスチックリサイクル事業や環境配慮型素材の活用が急速に拡大しつつある各社

    ◇事業投資先と連携して持続可能な循環型プラスチック事業の構築を目指す三菱商事
    ◇サステナビリティ経営における重要課題の1つとしてサーキュラーエコノミーを特定し、経済成長と環境負荷低減の両立を目指す三井物産
    ◇金属分野において、蓄電池や太陽光パネルのリサイクル事業に取り組む丸紅
    ◇トレーサビリティ管理プラットフォームのアジア展開やSAFの製造・販売事業を推進する丸紅
    ◇繊維再生技術や循環型食器の普及を通じ、様々な社会課題の解決を目指す丸紅
    ◇静脈事業と動脈事業をつないだ「リバースサプライチェーン」を構築する豊田通商
    ◇PETボトル再資源化事業やリサイクルプラスチック製造事業の稼働開始を予定する豊通

    図1   Circulariseが開発するトレーサビリティ管理プラットフォームの概念図
    図2   Fulcrum BioEnergyのSAF製造工程
    図3   『edish』のアップサイクルプロセス
    図4   豊田通商のリバースサプライチェーンにおける各社の役割
    図5   豊田通商のリバースサプライチェーンにおける具体的な工程
    図6   豊田通商「植物性由来原料を用いた持続可能な循環型社会」


    ○ 大手商社の22年度・新任執行役員の年齢、出身部門、出身校などを分析
    ○ 丸紅が営業グループを再編したほか、住友商事や豊田通商、双日でも複数の機構改正がみられた22年度の組織改編


    ☆ 新たなPRサイト『caravan』をホームページ上に開設した双日
    ☆ 住友商事グループのフェイラージャパンが日本上陸50周年を記念してロゴのリニューアルと銀座本店移転を実施

Information