backnumber
No.1770
2008/08/20
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑨ 大手商社
「化学品部門」の活動状況と今後の重点施策

右肩上がりの市況を捉えたトレードと原料産出国における製造業が好調だった各社

◇ 海外現地法人からの取込利益が大きく増加した三菱商事・化学品グループ
◇ 相次いで事業会社を統合し、競争力の底上げと内部統制強化を推進する商事
◇ メタノールとアンモニア事業が連結業績に貢献した三井物産・化学品セグメント
◇ 専門組織を立ち上げ、太陽光発電ビジネスのバリューチェーン構築を目指す物産
◇ 合繊原料などのトレードビジネスが好調だった伊藤忠商事・化学品部門
◇ 堅い商売だけが残り、本来の収益力を取り戻しつつある丸紅・化学品部門
◇ Cantexなど中核事業会社が不振だった住友商事の化学品・エレクトロニクス事業部門
◇ 主要4商品が総じて堅調に推移した双日の化学品・合成樹脂部門
◇ ガス探鉱事業など新たなコア事業発掘に注力する豊田通商のエネルギー・化学品本部

表1   大手商社「化学品部門」の08/3期連結業績
表2   大手商社「化学品部門」の08/3期単体業績
表3   大手商社「化学品部門」の08/3期主要商品別売上高
表4   大手商社「化学品部門」の人員
表5   大手商社「化学品部門」の主要な関係会社
○ 資源の高騰で引き続き増益基調の08年度・第1四半期決算
☆ 「米国景気は年末に底を打ち、来年には良くなる」と予想する三井物産の槍田社長
☆ 「米国経済は大丈夫だ」と言う、春先にNYから帰国した丸紅の桑原道夫副社長
☆ 連結経営ポリシーを徹底させるため、関係会社を大幅に削減する三菱商事
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。