backnumber
No.1773
2008/09/10
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑫ 大手商社「金融・物流部門」の
活動状況と今後の重点施策(後)

金融事業、物流事業、保険事業などの動きをみる

◇ オリコの経営改善で業績が拡大する伊藤忠商事の金融部門
◇ 物流ファンド関連でMapletree向けに物件の売却益を計上した伊藤忠の物流部門
◇ コモディティ、バイアウト投資・グロース投資に傾注する三井物産・金融市場本部
◇ トルコの港湾ターミナル事業など物流インフラの構築に注力する物産・物流本部
◇ 全社の物流ソリューション機能とアグリフードビジネスの窓口を担う物産・物流本部
◇ 航空機リース、三井住友ファイナンス&リースの主管などを集約しリース事業を柱に位置づけた住友商事の金融事業本部
◇ ベトナムの第2Thang Long工業団地と、タイおよびインドネシアでの内販物流事業に注力する住商の物流保険事業本部

表1   大手商社「金融・物流部門」の人員
表2   大手商社「金融・物流部門」の主要な関係会社
○ 倉庫事業への進出、海上貨物追跡タグシステムの実証実験など新たな取り組みをみせる双日ロジスティクス
○ 役員・執行役員の状況② 物産で55歳の取締役が誕生するなど低年齢化が進む大手商社の役員・執行役員の年齢構成
○ 100年にわたり、公益的価値を生み続ける「三井物産の森」
☆ 「トレーディングとか国内も大事だと思います」と言う丸紅の新進気鋭の執行役員
☆ 営業に続いて人事・総務など管理部門の子会社を統合する三井物産
☆ 農業への参画より「販売力強化を推進する」という丸紅の岡田執行役員・食料部門長
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。