backnumber
No.1808
2009/06/03
ご注文はこちら
Theme

厳しい環境下に耐える大手商社「米国法人」

リーマン・ショックと後半の商品市況暴落など環境激変で苦戦を強いられる各社

◇ 油井管事業の急伸で当期純利益が2ケタ増となり2億ドルを突破した米国住友商事
◇ Helenaの大幅増益により当期純利益が1億ドルを突破し2位に躍進した丸紅米国
◇ 得意の建材関連が堅調で、IPPと太陽光発電に注力する伊藤忠インターナショナル
◇ 化学品と金融事業の落ち込みと減損で大幅減益となった米国三菱商事
◇ 化学品、合成樹脂の不振や投資先の減損などで大幅減益を余儀なくされた双日米国
◇ 鉄鋼製品事業の減損や自動車小売事業の株式評価損等で赤字となった米国三井物産

表1  大手商社「米国法人」の09/3期(08/12期)業績
表2  大手商社「米国法人」10/3期(09/12期)の当期純利益見通し
表3  大手商社「米国法人」の主要な関係会社
表4  大手商社「米国法人」の店別にみた駐在員数
表5  大手商社「米国法人」の派遣部門別にみた駐在員数
○ 新規事業の構築など4つの重点項目を掲げる伊藤忠商事の中計「Frontier e 2010」
☆ 4月の臨時・経営戦略会議で4つの緊急対応策を決めた三菱商事
☆ 最大で10円の差が開いた大手商社の10/3期・為替見通しとセンシティビティ
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。