backnumber
No.1812
2009/07/01
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集③
大手商社「金属部門」の現状と今後の重点施策

鉄鋼原料の大幅値上げで金属資源は増益だが環境悪化で鉄鋼製品と非鉄は苦戦

◇ 原料炭の値上がりでMDPを核に純利益が2000億円を超えた三菱商事の金属グループ
◇ 権益投資と先物取引、トレーディングのトライアングル体制を敷く商事・非鉄金属本部
◇ 減損で赤字だが、国内事業の再編などで体制の強化が進む三井物産の鉄鋼製品本部
◇ 鉄鉱石、非鉄の拡張・権益確保と金属リサイクル事業の拡大を図る物産・金属資源本部
◇ 大型鉄鉱石プロジェクトに参画し、持分数量拡大を図る伊藤忠商事・金属セグメント
◇ 絶妙な石炭権益買い増しで純利益が216億円と高水準を維持した丸紅・金属資源部門
◇ 有価証券評価損や貸し倒れがなく金属製品部門では唯一増益の住友商事・金属事業部門
◇ 中国以外の供給先確保を目的に、レアアース事業に本格進出した豊田通商・金属本部

表1   大手商社「金属部門」の09/3期連結業績
表2   大手商社「金属部門」の人員
表3   大手商社「金属部門」の主要な関係会社
○ 経常利益までは堅調に推移したが投資有価証券評価損などで純利益が300億円を割った伊藤忠丸紅鉄鋼
○ 世界同時不況の影響を受け、08年度の業績が全面的に低調に終わったメタルワン
☆ 久しぶりに逆転しそうな気配だが、住友商事の株価が三井物産よりも低い理由
☆ 「昔と違って、油価のボラティリティが高いですね」と言う三菱商事の執行役員
☆ 傘の有効活用を訴えるべく、「MOTTAINAI傘プロジェクト」を開始した伊藤忠商事
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。