backnumber
No.1813
2009/07/08
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集④
大手商社「燃料部門」の現状と今後の重点施策

好業績を維持したものの、下期の原油価格急落で減益も散見された各社

◇ 2年連続で純利益1000億円超を達成した三井物産のエネルギーセグメント
◇ サハリン2やヴィンセント油田など推進中のプロジェクトが順調に立ち上がった物産
◇ K2油田など固定資産の減損で減益となった三菱商事のエネルギー事業グループ
◇ ガス販売会社やLNG輸出基地への参画でLNGバリューチェーンを強化する商事
◇ 石油・ガス、LNG事業の貢献で過去最高益を更新した丸紅のエネルギー部門
◇ 「油価に左右されにくいトレーディングやマーケティングを強化したい」という丸紅
◇ 石炭の好調とヘッジ評価損の改善で過去最高益の住友商事の資源・エネルギー事業部門
◇ 銀・亜鉛・鉛、鉄鉱石、ニッケル、ウランなどで新たな収益の柱構築を目指す住商
◇ エントラーダ油ガス田開発の損失処理が響いた伊藤忠商事のエネルギーセグメント
◇ 伊藤忠エネクスとジャパンガスエナジーを中核に国内事業を展開する伊藤忠
◇ 事業会社の好不調が顕著だった双日の旧エネルギー・金属資源部門
◇ 将来の収益源としてバイオ燃料や原子燃料に注力する双日のエネルギー・金属部門

表1   大手商社「燃料部門」の09/3期連結業績
表2   大手商社の原油価格
表3   大手商社「燃料部門」の人員
表4   大手商社「燃料部門」の主要な関係会社
○ 配当収入の増加で、過去最高益を更新した「エルエヌジージャパン」
☆ カーギルから穀物トレーダーをスカウトし、年間2000万トンの取扱高を目指す丸紅
☆ 配当と不祥事に質問が集中し、出席者が例年になく少なかった三井物産の株主総会
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』発売しました。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。