backnumber
No.1851
2010/04/21
ご注文はこちら
Theme

大手商社のアフリカにおける取組状況

豊富な鉱物資源、人口増加など、有望市場でのビジネスを加速する各社

◇ ビジネスを通じた社会貢献を足掛かりにアプローチし、大きな存在感を示す三菱商事
◇ 金属資源・エネルギーに加え、新エネ、環境、排出権のビジネスチャンスを探る商事
◇ 戦略要員を追加派遣し、「アフリカに強い双日」の旗印に向かって邁進する双日
◇ トップ自らが積極的に外交し、将来のアフリカビジネスの種まきを行う双日
◇ タスクフォースの設置、鉄鋼原料資源事業会社の増資と取組強化を進める住友商事
◇ 官民連携のモデル事業として、マダガスカルのプロジェクトに使命感を燃やす住商
◇ 有力企業や国との連携、それらを通じた総合力発揮で案件形成を進める三井物産
◇ 国連開発計画と協力して、モザンビークで地域貢献プロジェクトを実施する物産
◇ 拠点体制を一段と充実させ、サブサハラ地域でのビジネスに臨む丸紅
◇ ヨハネスブルク支店に新規商品・新規市場開発のチームを立ち上げた伊藤忠商事
◇ アフリカ地域を重点地域の一つに位置づけ、経営資源を集中配分する豊田通商

表1   三菱商事のアフリカ地域各拠点の売上高
表2   大手商社・アフリカ諸国の主要事業会社一覧表
表3   大手商社のアフリカ地域における主要ビジネスと拠点体制
☆ 新組織を立ち上げ、着々と地盤を強化する丸紅の食料部門
☆ 単元株数の引き下げで、流動性の向上や個人投資家の拡大を狙う伊藤忠商事
☆ 三菱商事の10年度・新入社員154名の文系、理系の内訳と11年度の採用人員計画
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。