backnumber
No.1860
2010/06/30
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集③ 大手商社
「金属部門」の現状と今後の重点施策

原料、製品とも販売価格の下落、取扱数量の減少で上位5社が大幅減益に

◇ 減益だが株式評価損の反動で純利益1379億円を確保した三菱商事・金属グループ
◇ 石炭、鉄鉱石の拡張に加え、ウランにも注力し資源ポートフォリオの拡充を図る商事
◇ チリの銅鉱山権益の買い増しと国内非鉄子会社の統合~商事・非鉄金属本部
◇ 減損の反動増など特殊要因で黒字を確保した三井物産・鉄鋼製品
◇ 価格下落と出荷数量減で大幅減益だが純利益で629億円を確保した物産・金属資源
◇ ブラジル鉄鉱石事業の新規連結があったが豪州資源事業IMEAの減益で利益が半減した伊藤忠商事・金属部門
◇ 下期より生産が回復し拡張計画も推進する伊藤忠のブラジル鉄鉱石事業NAMISA
◇ 市況下落で大幅減益となったが鉄鋼製品との統合で体制を拡充した丸紅の金属部門
◇ 価格下落が響いたが、銅、石炭、アルミの主力3分野の生産が堅調だった丸紅
◇ 減益となったが厳しい環境下で製造販売拠点の拡充や子会社の統合など攻めと守りに取り組んだ住友商事・金属事業部門
◇ インドやベトナムで合弁会社が次々に稼動し新興市場の開拓を推進する住商
◇ スクラップの市況回復で増益となり、レアメタルに注力する豊田通商・金属本部

表1   大手商社「金属部門」の10/3期連結業績 
表2   大手商社「金属部門」の人員 
表3   大手商社「金属部門」の主要な関係会社
○ 下期に回復基調へ転じるも、上期の大幅な落ち込みが響き、09年度業績が低調だったメタルワン
○ 鋼材価格の下落による減収と米国事業の不振などで8割減益となった伊藤忠丸紅鉄鋼
☆ 日本貿易会会長就任後、初めての定例記者会見に臨んだ三井物産の槍田会長
☆ 「他に商機はない」とまで言われる大手商社の非在来型エネルギーへの取り組み
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。