backnumber
No.1865
2010/08/11
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑧ 大手商社
「化学品部門」の活動状況と今後の重点施策

トレードは伸び悩んだが、事業会社の貢献で上位商社はほぼ想定通りに推移

◇ サウディ石油化学の貢献で純利益300億円を突破した三菱商事の化学品グループ
◇ 規模拡大を踏まえ新本部を設立し、本部経営機能を強化する商事
◇ 減損がなくなり本来の収益力を取り戻した三井物産の化学品セグメント
◇ リン鉱床開発や雲天化集団との提携など肥料ビジネスへの取り組みが目立つ物産
◇ シーアイ化成の取込利益増加などで純利益が倍増した伊藤忠商事の化学品部門
◇ 資源や部材事業に参入しリチウムイオン電池のバリューチェーンを構築する伊藤忠
◇ 単体の苦戦を事業会社の健闘でカバーした丸紅の化学品部門
◇ 事業投資も視野に入れ、石油化学、農業、無機鉱物資源分野に取り組む丸紅
◇ 硫酸トレードの不調で赤字となった住友商事の化学品・エレクトロニクスセグメント
◇ 中・下流から上流へ、より収益性が高いものへのシフトを鮮明にする住商
◇ メタノール事業などの低迷で利益が半減した双日の化学品・機能素材部門
◇ 市況変化のスピードに対応するための機能強化を図る双日
◇ 市況低迷で各事業が総じて伸び悩んだ豊田通商のエネルギー・化学品本部
◇ 新たに「新興国」をキーワードに掲げ、インドやアジア、中国などに注力する豊通

表1   大手商社「化学品部門」の10/3期連結業績
表2   大手商社「化学品部門」の10/3期単体業績
表3   大手商社「化学品部門」の10/3期主要商品別売上高
表4   大手商社「化学品部門」の人員 
表5   大手商社「化学品部門」の主要な関係会社
○ 果敢に挑戦する風土を構築し、3年後に純利益5000億円を目指す「中期経営計画2012」を策定した三菱商事
☆ 「三井物産の食料の幹部人事に驚いた」と言う伊藤忠商事の食料カンパニーの幹部
☆ 「みなさん夏休みはちゃんと消化して下さい」という丸紅の職能部門のある部長
☆ 定期的な状況報告で、社内の関心が高まりつつある双日のタンザニア教育支援活動
☆ 外国人持ち株比率が高い上位5商社
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。