backnumber
No.2437
2022/06/22
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集② 大手商社
「金属部門」の現状と今後の重点施策(後)

石炭・鉄鉱石・銅などの資源市況や鋼材価格の上昇によって全社が大幅増益

◇原料炭価格をはじめとする市況上昇を背景に当期利益4207億円を計上した三菱商事の金属資源グループ
◇各商品の市況変動や需給ギャップ等を捉え、金属資源トレーディング事業で過去最高益を更新した商事
◇東洋紡と連携し、新たな機能素材事業会社を設立する商事の総合素材グループ
◇循環型静脈事業やリチウム・電池関連事業で多くの動きがみられた豊田通商の金属本部
◇構造改革を経て、市況回復も追い風となって1000億円近い増益を達成した住友商事の金属事業部門
◇脱炭素化に向けた構造改革費用を計上しつつ、大幅増益を達成した双日の金属・資源・リサイクル本部
◇成長戦略としてサーキュラーエコノミー事業と社会ニーズ対応型事業に注力する双日

表1   大手商社「金属部門」の22/3期連結業績
図1   双日・石炭販売量の推移
図2   双日・資産ポートフォリオ変化のイメージ
表2   大手商社「金属部門」の人員
表3   大手商社「金属部門」の主要な関係会社
○ 各種施策の推進や鉄鋼市況の上昇を背景に、当期利益が4倍超に回復したメタルワン
○ 使用済み段ボールをクローズドリサイクルで再商品化し、丸の内エリアで提供する丸紅
☆ 『ともに築こう、サステナブルな世界を 日本貿易会』を新たなキャッチフレーズに掲げ、新会長に就任した國分文也 丸紅会長
☆ TCMのアートサブスクリプションサービスを執務フロアに導入した住友商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2022年版』 発売中。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2022年版』 発売中。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2022年版』 『国内関係会社ハンドブック2022年版』 『ブレーンズ合本版2021年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。