backnumber
No.2392
2021/07/14
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑤ 大手商社
「食料部門」の活動状況と今後の重点施策(前)

食肉事業や穀物事業の好調な推移などにより7社中4社が増益

◇食糧関連事業や日本アクセスにおけるコンビニ・外食向けの取扱数量減少などで減益となった伊藤忠商事の食料カンパニー
◇コロナ禍の巣ごもり需要や備蓄志向の高まりにより、水産関連事業会社が堅調に推移した伊藤忠
◇SDGsを見据えたESG経営の推進や川下分野でのマーケット・インによる事業変革を事業方針に掲げる伊藤忠
◇スペシャリティ商品戦略、SDGsを志向した社会への貢献案件を推進する丸紅の食料第一本部
◇コロナ禍においても食肉処理加工・販売事業が好調に推移した丸紅の食料第二本部
◇海外肥料事業の好業績を主因に、増益を確保した双日の生活産業・アグリビジネス本部
◇AIアプリ『TUNA SCOPE』により厳選された「AIマグロ」の商業化に向けた取り組みが注目される双日
◇林産資源分野でSDGsやESG投資に対応する環境、認証材、持続性を基軸とした営業戦略を強化する双日

○ 大手商社の21/3期連結業績の経営指標
☆ コロナ禍に対応して複数商社がオンライン中継を実施した20年度株主総会
☆ 3つのキャリアステージに合わせ、アーティストの支援を拡充した三菱商事アート・ゲート・プログラム
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』発売しました。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。