backnumber
No.2367
2021/01/13
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2021年の経営課題

CF経営の深化やDX推進、資産の効率化に加え、コロナ後の新秩序への対応に挑む

◇上期連結純利益2525億円を稼ぎ出し、『2020年度 経営計画』が順調に進捗する伊藤忠商事
◇次期中期経営計画に向けて、コロナ禍の新常態に応じたビジネルモデルを議論する伊藤忠
◇新型コロナ等の不透明な状況下、事業ポートフォリオ変革や中経2021が進展する三菱商事
◇「DXによる産業構造の変革」と「EXによるエネルギー分野の変革」に取り組む商事
◇『中期経営計画2023~変革と成長~』で新たなステージへ挑戦する三井物産
◇Strategic Focusへの大胆なリソースシフトで新たな収益の柱を目指す三井物
◇成長軌道への早期回復を実現し中経最終年度の目標達成を目指す三井物
◇中期経営戦略『GC2021』を修正し、最優先課題に掲げる財務基盤の再生・強化を着実に進める丸紅
◇ネットDERで20年度末の定量目標として掲げた1.1倍程度を前倒しで達成した丸紅
◇景気のダウントレンドやコロナ禍の影響で苦しむ中、次期中期経営計画を見据えた構造改革を進める住友商事
◇今後の成長が期待される事業分野に対して経営資源の配分を加速させる住商
◇「循環型静脈事業戦略」を新たに加えた注力4分野の強化でコロナ後の飛躍を目指す豊田通商
◇23/3期にコロナ前を上回る当期利益1500億円を目指す豊通
◇組織改編を発表し、医療・ヘルスケア関連ビジネスやマーケットニーズを起点としたビジネスの拡大を目指す双日
◇新設予定の新たなコーポレート組織を通じ、成長に向けたビジネスポートフォリオの変革、構造改革を推進する双日

○ 3冠達成射程圏の岡藤会長がCEOを続けるのかが注目される伊藤忠商事の21年度役員人事予想
○ 今年度の役員人事で大刷新を行った反動で小幅の入れ替えに留まりそうな丸紅の21年度役員人事予想
☆『2021年の世界情勢・経済見通し』を発表した住友商事グローバルリサーチ
☆ 顧客の健康志向を取り込むべく、ビオラル事業を拡大するライフコーポレーション
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。