backnumber
No.2350
2020/09/02
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑪ 大手商社
「金融・建設部門」の現状と今後の重点施策(前)

上場・私募REIT、PE事業、住宅・収益不動産開発、保険事業など

◇国内・北米の不動産事業における物件売却益が増益に寄与した三菱商事の複合都市開発グループ
◇注力エリアの1つであるASEANにおいて複数の新規案件に取り組む商事
◇三菱UFJリースを中心にリース事業を展開する商事
◇前期に計上した国内不動産の売却益の反動などで減益を余儀なくされた三井物産のコーポレートディベロップメント本部
◇物流施設ブランド「LOGIBASE」の開発を進めたほか、複合開発事業「Otemachi One」がグランドオープンした三井物
◇既存事業の徹底強化や地域・分野のニーズに応じた不動産の開発および価値向上施策を実行する三井物
◇海外工業団地事業における順調な引渡しによって増益を達成した双日の産業基盤・都市開発本部
◇外部環境を意識したREIT事業の運用戦略や海外工業団地事業の新規開発に注力する双日

○ 営業CFの収入増加により6社でフリーCFが黒字となった20年度第1四半期CF
○ 循環型ビジネスを紹介する「伊藤忠の三方よしビジネス展」を開催した伊藤忠商事
☆ 住友商事グループのフェイラージャパンが19年度百貨店バイヤーズ賞を受賞
☆ コロナ対策向けに段ボール製飛沫防止パーテーションを販売する双日新都市開発
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。