backnumber
No.2344
2020/07/15
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑤
大手商社「食料部門」の活動状況と今後の重点施策(前)

前期の一過性損失の反動や事業投資先の連結子会社化などにより7社中4社が増益

◇Olamで前期に計上した減損損失の反動により大幅な増益を達成した三菱商事の食品産業グループ
◇供給過多に伴う市況低迷によりCermaqなどの水産事業が苦戦した商事
◇大日本明治製糖など大手製糖3社が経営統合・資本業務提携へ向け協議を開始した商事
◇畜肉エキス・調味料製品の製造事業への参入やバイオベンチャーとの新規事業が注目される商事
◇産業DXを推進し、食品流通分野における事業の効率化を図る商事
◇ブラジルの農業生産会社・XINGU AGRIで計上した減損により大幅減益となった三井物産の食料本部
◇食品・日用品子会社4社を新設の「三井物産流通ホールディングス」に資本統合する三井物の流通事業本部
◇国内水産事業の減損や海外肥料事業の販売低迷により減益となった双日の食料・アグリビジネス本部
◇通期での稼働開始とともにフィリピン小麦バリューチェーン事業の売上が伸長した双日

○ 大手商社の20/3期連結業績の経営指標
○ 厳しい事業環境においても、徹底的なコスト改善や投融資案件をはじめとした資産のValue-up実現を図る双日
☆ 新型コロナウイルスの影響で出席者数が大幅に減少した大手商社の19年度株主総会
☆ 新型コロナの最前線で闘う人々に感謝と癒しを届けるべくJPOの演奏動画を配信した住友商事
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。