backnumber
No.2252
2018/08/22
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑨ 大手商社
「化学品部門」の現状と今後の重点施策

市況の好調と事業会社の堅調な推移により業績が伸長した各社

◇米国税制改正の影響などにより増益となった丸紅の農業化学品本部
◇液晶パネル製造機器のアフターサービス会社設立が注目される丸紅の化学品本部
◇メタノール市況の好調を受け増益になった三井物産のベーシックマテリアルズ本部
◇時流を捉え、新しい価値創造を加速する三井物のパフォーマンスマテリアルズ本部
◇Novusのメチオニン生産能力拡張に注力する三井物のニュートリション・アグリカルチャー本部
◇一過性損失の反動や事業会社の好調により増益となった三菱商事の化学品グループ
◇農業ICTベンチャー企業や特殊ペプチド原薬の研究開発会社へ出資した商事
◇ネクストモビリティ戦略関連事業が進む豊田通商の化学品・エレクトロニクス本部
◇世界初となる高速道路でのトラック隊列走行実験を行った豊通
◇タキロンシーアイ統合が大きく貢献し過去最高益となった伊藤忠商事の化学品部門
◇蓄電システム最適制御サービスや再生医療事業など新技術への投資が目立つ伊藤忠
◇事業会社やトレードが堅調に推移し好業績を残した住友商事の化学品・エレクトロニクスセグメント
◇タイのブタジエン誘導品事業が注目される住商の基礎化学品・エレクトロニクス本部
◇主要事業領域がいずれも着実に収益をもたらした住商のライフサイエンス本部
◇中国市場での展開が注目される住商のアニマルヘルスサイエンス部
◇市況の好調やドイツ化学品商社の買収が寄与し、増益となった双日の化学本部
◇ベトナムでの包装資材製造事業参入が注目される双日の合成樹脂事業

表1   大手商社「化学品部門」の18/3期連結業績
表2   大手商社「化学品部門」の人員
表3   大手商社「化学品部門」の主要な関係会社
○ 商品市況の高値安定で高い進捗率となった大手商社の18年度第1四半期業績
☆社員の起業意欲を後押しする三井物産の社内起業制度・第1号案件の新会社が設立!
☆中規模オフィスブランド「PREX」シリーズを展開する住友商事
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。