backnumber
No.2249
2018/07/25
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑥ 大手商社
「食料部門」の現状と今後の重点施策(前)

食品流通・リテールや畜産などが業績をけん引して着実な成長をみせた各社

◇生鮮食品関連事業や食品流通関連事業などが健闘し、当期利益約800億円を稼いだ伊藤忠商事の食料カンパニー
◇次世代・新技術への対応に経営資源を積極投入する伊藤忠
◇中国のマグロ加工会社などが好調に推移した双日の食料・アグリビジネス本部
◇フィリピンで小麦バリューチェーンを構築し、新たなビジネスの軸に成長させる双日
◇基礎食料、食肉および加工食品のトレードビジネスが伸張した住友商事の食料事業本部
◇Multigrain TradingやXINGU AGRIで△479億円にのぼる一過性損失の計上を強いられた三井物産の食料本部
◇順調なコンビニ向け取引などで国内流通事業会社が好業績を上げた三井物の流通事業本部

○ 大手商社の18/3期連結業績の経営考課
☆復興支援の一環で熊本の名産品を扱う生放送番組を放映し好評を博した住友商事グループのショップチャンネル
☆中小企業の経営を支援する三井物産OB設立の「経営支援NPOクラブ」
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。