backnumber
No.2238
2018/05/09
ご注文はこちら
Theme

大手商社の
イノベーション関連ビジネスへの取組状況

新事業の創出、スタートアップ企業・ベンチャー企業への投資、推進体制など

◇イノベーションを後押しする各種制度や場を充実させる三井物産
◇サーモンの陸上養殖事業、価格変動システム事業、AI関連事業などイノベーション推進案件への投資に積極的な三井物
◇今年4月よりフィンテック推進室がベンチャー投資の窓口とデジタル化支援を担う伊藤忠商事
◇ベンチャー投資を通じて事業開発を行い、新事業を創出する伊藤忠
◇AI、FinTech、EC・次世代メディア、ヘルスケア、自動車・宇宙・衛星などの分野で有望ベンチャーの投資ポートフォリオを形成する伊藤忠
◇農業ICTベンチャー企業ベジタリアに出資し同社のプラットフォームを活用したソリューション提供を支援する三菱商事
◇ベジタリアを通じて農業生産ソリューションと食品流通ソリューションのプロモーションに取り組む商事
◇イノベーションを全社・全組織で取り組むべく組織間連携を強化する住友商事
◇駐車場シェアリングサービス、農業用ドローン、マイクロタグなどに幅広く取り組む住商のイノベーション関連投資案件
◇「デジタル・イノベーション部」を設置し、全社を挙げてデジタル・イノベーション推進を強化する丸紅
◇社内でのデジタル・イノベーションを加速させる丸紅の助成金制度
◇「ネクストモビリティ戦略」によって総勢150名体制でイノベーションを推進する豊田通商
◇ライドシェアサービス、VPP事業、水素ステーション整備などに取り組む豊通のイノベーション関連事業
◇「ビジネスイノベーション推進室」を新設し、イノベーションに対する体制を整える双日
◇マグロ養殖事業でのIoT・AI実験、LPWAの導入、クラウドサービスへの出資など活発な双日のイノベーション推進案件

図1   伊藤忠商事の2018年度ベンチャー投資方針
図2   三菱商事・ベジタリア「農業ICTプラットフォーム」イメージ図
○ 3地域で役員が増加した大手商社の海外役員配置状況
○ 社長が長時間登壇し学生の質問に答える新卒採用スペシャルセミナーを開催した住友商事
○ 本業を通じ、「食に関わる若い人材の育成」と「地域食文化の継承」を支援する伊藤忠食品
☆三井物産が通算3度目、双日が2年連続の受賞となった平成29年度「なでしこ銘柄」
☆飲食店向けと医療従事者向けに2つの新企画を発表した住商モンブラン
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。