backnumber
No.2233
2018/03/28
ご注文はこちら
Theme

大手商社の
「建設機械・産業機械ビジネス」への取組状況(前)

資源価格の回復、好調な世界経済を背景とした需要拡大の恩恵に浴する各社

◇規模追求を志向し、長年かけて産業機械の商権をMTSに集約した丸紅
◇太陽光発電関連事業やデジタルサイネージ、EV関連インフラ等を幅広く手掛ける丸紅
◇ビジネスモデルごとの専門性向上を目的に18年度より建設機械部を分割する丸紅
◇補完機能の高い周辺ビジネスに事業領域を拡大し、収益基盤の多様化を目指す丸紅
◇ASEAN、インドを中心にエレベーター事業で積極投資を展開する三菱商事
◇三菱商事テクノスやエム・エス・ケー農業機械で新規事業推進体制を整備した商事
◇堅調な建設需要が見込まれるASEANでレンタルのニッケンとの協業を深める商事
◇重要市場のメキシコにて販売代理店と鉱山機械サービス会社を統合した三井物産
◇国内・米州・アジアで工作機械や農業機械、サービスロボットを取り扱う三井物

表  大手商社「建設機械・産業機械ビジネス」の担当組織・主要事業会社
○ 住友商事、丸紅、双日が大規模な再編を実施した大手商社の18年度組織改編
○『住友商事 未来設計図』をキーワードにマテリアリティをコンセプトとする企業広告を展開する住友商事
☆海外事業説明会を積極的に開催し現地日系メディアの理解を深める三井物産の広報部
☆オーダーメード型リハビリ施設を開設し、自費リハビリ事業に参入した豊田通商
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。