backnumber
No.2232
2018/03/21
ご注文はこちら
Theme

大手商社のサステナビリティへの取組状況(後)

SDGs、ESGなどへの対応、マテリアリティの特定、具体的な事例など

◇他社に先駆け04年にサステナビリティに関わる理念を策定した三井物産
◇サステナビリティ委員会で各部署の専門性を活かしてサステナビリティ活動を推進する三井物
◇5つのマテリアリティを特定し、事業活動を通じて環境から人権まで広範な社会課題に応える三井物
◇カーシェアリング事業や透析医療サービス事業を通じてマテリアリティに取り組む三井物
◇「環境」「国際交流」「教育」という3つの社会貢献活動にも力を入れる三井物
◇情報発信上の観点から、広報部「サステナビリティ推進室」を新設する丸紅
◇「サステナビリティ行動計画・目標」を設定し、マテリアリティ達成の進捗状況をモニタリングする丸紅
◇「サプライチェーンにおけるCSRガイドライン」を定め、サプライチェーン上の透明性を強化する丸紅
◇「2つの価値」という概念で社会課題の解決と事業を直結させる双日
◇6つのCSR重点取り組みテーマに沿いながら、進捗目標を数値で設定する双日のサステナビリティ推進事例
◇サプライチェーン上での人権に対する取り組みを強化する双日
◇経営企画部の「コーポレートガバナンスグループ」がサステナビリティを推進する豊田通商
◇アフリカでの取り組みや自動車関連リサイクルなど、強みを活かした豊通のサステナビリティ推進事例

図1   三井物産の価値創造
表1   丸紅のサステナビリティにおける重要な課題(マテリアリティ)
図2   双日のCSR重点取り組みテーマ 表2 双日のCSR重点取り組みテーマ
表3   双日の木材評価基準
表4   大手商社のサステナビリティ推進体制
○ 有力役員の退任に伴い上席役員に次代を担う人材の昇格が目立つ今年の役員人事
☆台湾経済部国際貿易局より『金貿奨』を受賞した住商系のスミトロニクス台湾
☆伊藤忠商事の名誉理事 丹羽宇一郎氏の新刊『日本の未来の大問題』が発売中!!
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。