backnumber
No.2231
2018/03/14
ご注文はこちら
Theme

大手商社のサステナビリティへの取組状況(前)

SDGs、ESGなどへの対応、マテリアリティの特定、具体的な事例など

◇サステナビリティを経営の中核に据える三菱商事
◇2つのチームの両輪で活動する商事のサステナビリティ推進部
◇経営戦略への組み込みを狙った「サステナビリティ対話」を実施する商事
◇早い段階からマテリアリティを綿密に議論し、16年7月に7つを特定した商事
◇Cermaq社やOlam社をはじめ、国際的に高く評価される事業を展開する商事
◇ESGに関わる事柄を網羅的に掲載した「ESGデータブック」を発行した商事
◇サステナビリティ推進が経営に直結していく認識を強める伊藤忠商事
◇「サステナビリティ アクションプラン」を導入し、PDCAでマテリアリティ達成を目指す伊藤忠
◇地熱発電やパルプ事業など多彩な伊藤忠のサステナビリティ事例
◇RobecoSAM Sustainability Awardにおいて日本企業で唯一3年連続ゴールドクラスを受賞した伊藤忠
◇経営の根幹にマテリアリティを据え、担当部署を「サステナビリティ推進部」に改称した住友商事
◇事業を通じて取り組む社会課題4つと同社自身の2つの課題を特定した住商
◇ミャンマー、甑島、マダガスカルなどで社会課題の解決に貢献する住商

表1   三菱商事のサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)
図1   三菱商事のサステナビリティ重要課題とSDGsの関連
表2   伊藤忠商事のマテリアリティおよびSDGsとの関連
表3   住友商事のマテリアリティ(重要課題)
図2   住友商事のマテリアリティの関係
○ 双日を除きフリーCFが黒字となった大手商社の17年度第3四半期決算「連結キャッシュ・フロー計算書」
○ 大手商社における18年度の理事、審議役、参与の昇格者
☆「アフリカ統括」を新設し、アフリカ事業の開発に一層注力する三菱商事と丸紅
☆ 総合商社の“リアル”を体感してもらうインターンを東京・大阪で開催した住友商事
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。