backnumber
No.2208
2017/09/20
ご注文はこちら
Theme

地域特集②
大手商社の中国ビジネスの状況(前)

不動産開発事業、ヘルスケア関連事業、食料関連事業、物流事業など内需関連が活発

◇新中経で中国を注目国に位置づけビジネスを推進する三井物産
◇オルドス電力冶金が高水準の利益を確保し、三井塑料貿易(上海)が増収増益となるなど中核事業が活躍する三井物
◇ IHHの中国における病院事業拡大など、ヘルスケア分野の収益拡大が期待される三井物
◇事業会社の堅調と資源エネルギー市況の回復などで大幅増益となった住友商事の中国ビジネス
◇メディア・生活関連や資源・化学品関連などで主要事業の業容拡大が目立つ住商
◇杭州市の住宅開発事業や中国動物薬メーカー製品のケニア販売、養老分野での事業検討など積極的な動きがみられる住商
◇世界タテ経営で電子材料の拠点を拡充し化学品の取扱高を伸ばした丸紅
◇水関連、不動産関連、食料関連など内需型事業が堅調に推移した丸紅
◇日中間の医薬品販売事業や大手コーヒーチェーンとの協業など内需取込と地域密着事業に積極的な丸紅
◇紙おむつ向け高吸水性樹脂生産事業の生産能力を増強し旺盛な需要に対応~豊田通商

○ 役員・執行役員の状況② 取締役と執行役員ともに若干の上昇となった大手商社の役員・執行役員の年齢構成
○ 2050年の“ごちそう”って何? 子どもたちの潜在能力を引き出す三井物産「サス学」
☆培ってきた鉄道事業での知見を活かし、台湾での駅等商業施設開発運営事業を成功に導く三井物産
☆ミャンマーにおいて、若者のITリテラシー向上プログラムを実施~住友商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。