backnumber
No.2203
2017/08/16
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑨ 大手商社
「化学品部門」の現状と今後の重点施策

市況が低迷する厳しい事業環境の中で国内販社などが手堅く稼いだ各社

◇トレーディングの健闘や米国メタノール製造事業の通期貢献で増益になった三井物産のベーシックマテリアルズ本部
◇トレーディングで着実に地力をつける三井物のパフォーマンスマテリアルズ本部
◇農薬など主要ビジネスが堅実に稼ぐ三井物のニュートリション・アグリカルチャー本部
◇米国農業化学品事業の健闘で当期利益200億円超を稼いだ丸紅の農業化学品本部
◇トレードや国内販社が堅調に推移する丸紅の化学品本部
◇減損の計上や汎用化学品の事業投資の低迷で減益になった三菱商事の化学品グループ
◇バリューチェーンに沿った組織体制とし、一体感を持ったビジネスを展開する商事
◇加工業を中心とした事業会社の好調で過去最高益を更新した伊藤忠商事の化学品部門
◇トレーディングと事業投資の両面から将来に向けた布石を打つ伊藤忠
◇トレードと製造事業が好調に推移する住友商事の基礎化学品・エレクトロニクス本部
◇製造業への投資とそこから派生するトレードの取り込みに注力する住商
◇主要事業領域が概ね堅調に推移した住商のライフサイエンス本部
◇農薬、肥料、医薬品の基盤拡充と、化粧品、動物薬の育成に注力する住商
◇メタノールや合成樹脂など5つの収益の塊が堅実に稼ぐ双日の化学本部
◇欧州の化学品商社を買収し、メタノールなどの販売力を一層強化する双日
◇北米・中国での自動車材料の販売が伸びた豊田通商の化学品・エレクトロニクス本部
◇社会のニーズに対応した新たなビジネスモデル創造に資する取り組みを推進する豊通

表1 大手商社「化学品部門」の17/3期連結業績 表2 大手商社「化学品部門」の人員 表3 大手商社「化学品部門」の主要な関係会社
○ 伊藤忠グループに貢献した功労者を称えるべく、記念碑を設置した伊藤忠商事
○ モビリティを中心とした低炭素水素サプライチェーンの構築を目指す豊田通商
☆米国トランプ大統領就任から半年の成果について総括した丸紅ワシントン事務所
☆「脱スーツ・デー」に関連し、スタイリングの朝活セミナーも開催する伊藤忠商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。