backnumber
No.2183
2017/03/15
ご注文はこちら
Theme

大手商社における物流ビジネスの取組状況

事業会社の統廃合を進め、国内から海外まで一貫した物流サービスを提供する各社

◇組織再編を実施し、物流事業および不定期船事業の戦略シフトを進める三菱商事
◇グループ内での連携を図り、商権の再構築および成長への種蒔きに注力する商事
◇強みを持つ中国およびアジアにて高付加価値な物流サービスを提供する伊藤忠商事
◇アジアで着実に業容を拡大し、右肩上がりに業績を伸ばす伊藤忠ロジスティクス
◇営業部とコーポレート組織が一体となって物流ビジネスを推進する三井物産
◇物流事業の再編によって「三井物産グローバルロジスティクス」が誕生する三井物
◇ASEAN・中国を注力エリアに定め、物流センター事業の拡大に取り組む三井物
◇事業会社の成長に向けて、海外強化とIT面からの後方支援に取り組む丸紅
◇中核会社のMLOGIに加え、米国、ASEAN、中国でビジネスが堅調に推移する丸紅
◇海外物流事業の再編を実施し、国内外の物流ビジネスを一本化した住友商事
◇全社横断組織「IoTワーキンググループ」と連携した新たな動きが期待される住商
◇物流施設の新ブランド「SOSiLA」に統一し、不動産ファンドビジネスの規模拡大を目指す住商
◇物流関連業務の統轄および物流コンプライアンス機能強化を目的に組織改編を実施する双日
◇経済成長が続くケニアにおいて、新たに完成車物流会社を設立した豊田通商

表   大手商社「物流ビジネス」の担当組織、主要な事業会社、事業内容
○ 15年4月の執行役員就任以降2年間で専務にまでスピード出世し、6月の株主総会後には社長に就任する双日の藤本昌義 次期社長
○ 大手商社における17年度の理事、審議役、参与の昇格者
○ 投資CFのキャッシュアウトが少なくフリーCFの黒字が目立った大手商社の16/12期キャッシュ・フロー
☆高い技術力を有する欧州のバイオ農薬メーカーに出資した住友商事の欧州農薬販売会社
☆好業績を背景に追加の株主還元策を相次いで打ち出す大手商社
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。