backnumber
No.2158
2016/09/07
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑫ 大手商社
「メディア・IT・コンシューマー部門」の活動状況と今後の重点施策

メディア事業、ITソリューション事業、リテール事業、ヘルスケア事業など

◇メディア・ネットワーク、ライフスタイル・リテイルがともに増益を達成した住友商事
◇日本アニメの海外展開事業をスタートさせた住商のメディア事業本部
◇コア事業のSCSK、ティーガイアをさらに強化する一方、ミャンマー通信事業に注力する住商のネットワーク事業本部
◇ショップチャンネル、サミットなど主要事業が総じて堅調に推移した住商のライフスタイル・リテイル事業本部
◇主要事業の利益が伸び、前年度並みの利益水準を維持した伊藤忠商事の情報・通信部門
◇CTC、コネクシオの利益成長、ベルシステム24の連結等により着実に利益の底上げを進める伊藤忠
◇各事業領域のビジネス拡大を目指し、組織改編を実施した三井物産・旧CS事業本部
◇うみの杜水族館の開業、ヒューマンキャピタル事業の拡大などが注目される三井物
◇全社を挙げて、東京の国際競争力強化に資するランドマーク創造を目指す三井物
◇中国の住宅内装事業および豪州の植林アセットマネジメント事業に参画した三井物
◇前期のTPV評価替益計上の反動で減益となった三井物のICT事業本部
◇IoTデータ管理ソフトウェアのグローバルリーディングカンパニー OSIsoft社へ出資した三井物
◇全社ビジネスのデジタル化を積極的に推進する三菱商事のビジネスサービス部門
◇MCデータプラスを設立し、データ分析・活用による事業会社支援を強化する商事
◇ミャンマーにおけるコールドチェーン物流事業を開始した双日・リテール事業本部
◇クールジャパンの一環として、シンガポールで日本の食文化普及を目指す双日

表1  大手商社「メディア・IT・コンシューマー部門」の16/3期連結業績
表2  大手商社「メディア・IT・コンシューマー部門」の人員
表3  大手商社「メディア・IT・コンシューマー部門」の主要な関係会社
○ 「攻めのIT経営銘柄2016」に選定された三井物産と三菱商事~両社のIT活用の状況とは
☆第32回企業広報賞にて「企業広報大賞」に選ばれた三菱商事
☆陸前高田の子どもたちが異文化や英語に触れる機会を提供した『第3回伊藤忠子どもの夢サマーキャンプ』
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。