backnumber
No.2156
2016/08/24
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑩ 大手商社
「金融・物流・建設部門」の現状と今後の重点施策(前)

アセットマネジメント事業、リース事業、保険事業、不動産開発事業など

◇ファンドの好業績、不動産売却益等が寄与し、過去最高益を更新した三菱商事の新産業金融事業グループ
◇不動産ファンド、PEファンドの事業拡大を進める商事のアセットマネジメント事業本部
◇インフラ金融やリースなど主力ビジネスの業績が好調に推移した商事の産業金融事業本部
◇国内物流不動産開発やASEANにおける分譲住宅開発等を加速する商事の開発建設本部
◇自動車物流は好調、不定期船・バラ積輸送は市況環境悪化のなかで安定収益を確保した商事の物流本部
◇投資先株式の評価益計上により大幅増益となった三井物産のコーポレートディベロップメント本部
◇上場REIT事業、私募不動産ファンド事業を統括する戦略持株会社を設立した三井物
◇国内バイアウト投資事業の新会社を設立し、成熟企業向け投資に注力する三井物
◇双日ロジスティクスと双日インシュアランスがけん引する双日の物流・保険統括部

○ 通期の当期利益見通しに対する進捗率で明暗が分かれた大手商社の16年度第1四半期決算
○ 化学品や生活産業などが健闘した大手商社の16年度第1四半期セグメント別当期利益
○ 英国法に対応し商社で初めて「2015年度 現代奴隷法に係る声明」を開示した三菱商事
☆TOMODACHI住友商事奨学金プログラムの第2期生の帰国報告会と第3期生の授与式を開催した住友商事
☆TOMODACHIイニシアチブによる日米次世代リーダーの育成が進展する三井物産
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』発売しました。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。