backnumber
No.1908
2011/06/29
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集③
大手商社「金属部門」の現状と今後の重点施策

鉄鉱石、石炭、銅の価格上昇や鉄鋼製品の販売増で大幅増益に

◇ MDPの増益や株式交換益で純利益が2301億円に拡大した三菱商事・金属グループ
◇ 既存案件や積出港の拡張、新規開発意思決定などで事業を拡大する商事・鉄鋼原料本部
◇ チリの銅関連事業の権益買い増しや生産拡張で収益が拡大する商事・非鉄金属本部
◇ 国内外の主要鋼材販売会社の業績回復により増益となった三井物産・鉄鋼製品本部
◇ 純利益が1673億円に拡大し、鉄鉱石事業の拡張を進める物産・金属資源本部
◇ 大幅増益の余勢を駆って石炭の開発案件に注力する伊藤忠商事の金属セグメント
◇ コロンビアの石炭権益に1265億円の巨資を投じ持分権益の拡大を図る伊藤忠
◇ 銅と石炭の主力2本柱の増益で純利益が倍増強拡大した丸紅の金属部門
◇ 豪州石炭鉱区の拡張と中国の石炭輸入大手との提携で石炭のさらなる拡充を図った丸紅
◇ 北米鋼管事業やアジアのスチールサービスセンター事業の堅調で75%増益となった住友商事・金属事業部門
◇ スチールサービスセンター事業の自動車対応強化、アルミ関連の新規事業~住商
◇ 自動車の生産台数および需要の増加で営業利益が6割増となった豊田通商の金属本部
◇ 商品市況の上昇で主要商品が総じて順調だった双日の金属セグメント
◇ 石炭や合金鉄分野で新規権益取得や拡張計画推進が相次ぐ双日

表1  大手商社「金属部門」の11/3期連結業績 
表2  大手商社「金属部門」の人員 
表3  大手商社「金属部門」の主要な関係会社
○ 鋼材の需要回復と価格上昇を背景に、10年度業績が増収増益となったメタルワン
○ 中国、アジア新興国の需要増加で純利益が2.5倍に拡大した伊藤忠丸紅鉄鋼
☆ 地域戦略の強化や組織改変で業績向上を目指す三井物産の食料・リテール本部
☆ 就任2年目を迎え、「今後も様々な提言を」と意気込む日本貿易会の槍田会長
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。