backnumber
No.2150
2016/07/06
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集④ 大手商社
「金属部門」の現状と今後の重点施策(後)

コスト削減、生産効率の向上に努めるも、価格下落による減損損失を迫られた各社

◇市況価格の影響が資産規模に比例し、巨額の減損を計上した三菱商事・金属グループ
◇コスト削減とともに保有資産の選択と集中に力を入れる商事の金属資源本部
◇新中期経営計画に則り、さらなる資産の優良化を推し進める商事・金属グループ
◇Edgen Groupの減損損失をはじめ、北米の鋼管事業で苦戦を強いられた住友商事
◇住友商事グローバルメタルズの発足など、金属事業再編に進捗がみられた住商
◇減損があったものの、石炭権益の保有意義変更等で増益となった双日の石炭・金属本部
◇強みを持つ分野を伸ばすとともに、新規領域の開拓を目指す双日
◇経営基盤の強化を目指し、本社事業の一部分社化を図った豊田通商・金属本部
◇特殊二次加工事業、レアアース生産事業などインドビジネスが活発化する豊通

表1   大手商社「金属部門」の16/3期連結業績
表2   大手商社「金属部門」の人員
表3   大手商社「金属部門」の主要な関係会社
○ 市況環境の悪化から減益となるも、経営基盤の整備で大きな進捗がみられたメタルワン
○ 尿を使い、簡便にがん検査をできる技術の確立を目指す住友商事グループ
☆注目度が高く、5社で過去最多の出席者数となった大手商社の15年度株主総会
☆住友商事の開発した大倉山ハイム3~8号棟がBELCA賞をロングライフ部門で受賞
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。