backnumber
No.2136
2016/03/23
ご注文はこちら
Theme

大手商社の「ガスケミカル」への取組状況

シェールガス革命を受けてガスの高付加価値化に取り組む各社

◇ハイドロカーボンチェーンの川下として着実に基盤強化を図る三井物産
◇Fairway Methanolの早期立ち上げで米国の内需を取り込む三井物
◇アンモニアの製造拠点復活に向けた取り組みを進める三井物
◇事業投資を活かした競争力のあるトレーディングで、成長市場を取り込む三菱商事
◇アンモニア、メタノールの両商品で新たな製造事業に参画し、エクイティ玉の拡大を図る商事
◇インドネシアにおいて自らメタノール製造事業を経営・オペレーションする双日
◇培ってきた資産を基にパプアニューギニアでメタノール製造事業の実現を目指す双日
◇メタノールに加え、ガス由来のポリオレフィンの拡販にも注力する伊藤忠商事
◇トレードの事業基盤を強化するとともに、製造業への参画機会も求めていく丸紅
◇仕入先・販売先との信頼関係などを基にオレフィントレードで存在感を発揮する住友商事

表   大手商社「ガスケミカル」の担当組織・事業投資先・特徴・最近の動き
○ 三菱商事の垣内威彦常務の新社長就任と大幅な入れ替えが注目される今年の役員人事
○ 三井物産との業務提携を通じ、法人需要の取り込みや海外展開を強化するレアジョブ
○ 「木のタマゴ」作りなど、北海道の小学校で環境出前授業を行った三井物産
☆伯バイオマス燃料製造事業に経営参画する住友商事
☆三菱商事DREAM AS ONE.プロジェクト障がい者サッカーイベントを後援
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。