backnumber
No.2103
2015/07/15
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑤ 大手商社
「エネルギー部門」の現状と今後の重点施策

原油価格急落により相次いで減損を計上した各社

◇減損計上するも1000億円台の利益を上げた三井物産のエネルギーセグメント
◇モザンビーク、キャメロン、ブラウズの推進中LNG案件が着実に進捗する三井物
◇オセアニア・北米・欧州のガス・石油開発事業での減損計上により減益となった三菱商事のエネルギー事業グループ
◇上流権益から船舶向けLNG燃料供給まで幅広く新規事業への参入を果たした商事
◇英領北海の減損に伴い減益を強いられた双日のエネルギー本部
◇サムソン減損で赤字幅を拡大した伊藤忠商事のエネルギーセグメント
◇トレードと開発の全体最適を図るべくエネルギー部門を1部門に集約した伊藤忠
◇北海、メキシコ湾、シェールオイルの減損で赤字になった丸紅のエネルギーセグメント
◇巨額の減損計上で2000億円以上の赤字を出した住友商事のエネルギーセグメント
◇シエラゴルダ、アンバトビーなど大型仕掛かり案件が順調に進捗する住商
◇15年度は油価上昇が見込めないと想定する各社の原油価格見通し

表1   大手商社「エネルギー部門」の15/3期連結業績
表2   大手商社の石油・ガス権益の持分生産量
表3   大手商社「エネルギー部門」の人員
表4   大手商社「エネルギー部門」の主要な関係会社
○ タングープロジェクトの収益貢献、円安の影響等により大幅増益を実現したエルエヌジージャパン
☆純利益3位後退予想で危機感を持って収益基盤の強化を目指す三井物産の安永社長
☆中国の赤ちゃんパンダに「賢賢(ケンケン)」と命名した住友商事の宮原名誉顧問
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』発売しました。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。