backnumber
No.1915
2011/08/24
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑩ 大手商社
「情報産業部門」の現状と今後の重点施策

主力事業の収益拡大や投資有価証券評価損の改善で3社とも純利益が大幅増益に

◇ J:COMの堅調や事業再編に伴う税効果等で純利益が198億円に拡大した住友商事のメディア・ライフスタイル事業部門
◇ 住商情報システムとCSKの統合でITソリューション事業も商社系トップへの躍進が期待される住商
◇ 有力ブランドのTV通販で新たな客層の開拓に乗り出した住商のShopチャンネル
◇ 経費削減と関連会社の改善で増益となった伊藤忠商事の情報通信・航空電子セグメント
◇ ITサービス事業分野で本体とCTCの双方でクラウド関連に注力する伊藤忠
◇ グリーンテクノロジー事業領域で省エネ制御サービス事業に取り組む伊藤忠
◇ キャリアの手数料減少などで減収減益となった伊藤忠系携帯販社ITCネットワーク
◇ 事業会社の統合再編や事業移管で中核会社の基盤を強化する伊藤忠・産機システム分野
◇ 株式評価損の反動と株式売却益の計上、EMS事業の新規連結などで黒字転換した三井物産・情報産業本部
◇ 環境IT事業分野で台湾のLED関連事業や中国でEV向け電池事業に出資した物産
◇ 環境は厳しいが成長戦略を着実に実行する物産のITサービス関連事業各社
◇ ロシアで決済端末事業に出資するなど海外のEコマース事業に注力する物産

表1   大手商社「情報産業部門」の11/3期連結業績 
表2   大手商社「情報産業部門」の人員 
表3   大手商社「情報産業部門」の主要な関係会社
○ 川上好調、川下低迷の傾向が続く大手商社・第1四半期決算「セグメント別純利益」
☆ 伊藤忠商事と三井物産が2000億円を超えた第1四半期時点の投融資実績
☆ 事業会社社長が数多く執行役員に昇格するなど、役員人事も連結ベースの三菱商事
Information
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』 4月30日(金)発売予定。
  • ◆ 大手商社の『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。