backnumber
No.2094
2015/05/13
ご注文はこちら
Theme

大手商社の「海外工業団地ビジネス」の取組状況

日系企業の積極的なアジア進出を背景にビジネスが加速する各社

◇日本・ミャンマーの官民共同プロジェクト、ティラワ経済特別区開発に出資参画する三菱商事、丸紅、住友商事
◇工業団地内に物流事業も立ち上げ、総合力で入居企業をサポートする住友商事
◇現状を最終形とせず、ミッションに向けて各団地の拡張計画を推進していく住商
◇工業団地事業とともに、周辺の都市開発も精力的に推進する三菱商事
◇工業団地周辺の開発など、地元の人々に貢献できるビジネスを標榜する商事
◇交通、電力、水、ガスなどグループ内のインフラ機能を駆使し、ビジネスに取り組む丸紅
◇ミャンマー・ティラワ経済特別区開発を核に、様々な商機を狙っていく丸紅
◇工業団地をビジネスの起点づくりのプラットフォームと位置づけ、事業展開する双日
◇今後、生産地・消費地として魅力のある国において新規開発を検討する双日
◇「モノづくり以外を全面サポート」をコンセプトに、インド等で実績を積む豊田通商
◇カンボジア・ポイペトにおいて、日本企業初のテクノパーク事業を展開する豊通
◇中核的プロジェクトである「カラワン工業団地」の拡張に注力する伊藤忠商事
◇質の高い賃貸倉庫・工場の供給で日系メーカーの海外進出を後押しする三井物産
◇日系企業をターゲットに、インドネシアで賃貸倉庫・開発事業に参入する三井物

表   大手商社が手掛ける海外工業団地一覧
☆小林社長が「わが社らしい支援を実行していきましょう」と全社員に呼び掛け、復興支援35億円の追加拠出を決めた三菱商事
☆「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」15年度助成がスタート
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。