backnumber
No.2087
2015/03/18
ご注文はこちら
Theme

大手商社のグローバル人材育成への取組状況(後)

海外事業投資先の拡大で、グループ一体の人材施策を推進する各社

◇本店、機能子会社、海外広域コーポレートセンターの三位一体で、連結ベース人事機能強化を図る三菱商事
◇グローバル研修生制度を通じ、年間約130~140名の若手を海外派遣する商事
◇ビジネスの多様化に合わせ、単体社員、拠点スタッフ、事業投資先社員向け研修が充実する商事
◇グループ企業・拠点の事業現場支援、コア人材の把握・育成・活用を進める商事
◇各種施策が安定軌道に乗り、グローバル人材を着実に育成する伊藤忠商事
◇“英語”“第二外国語”“事業の経営管理人材”の3本柱で若手育成を図る伊藤忠
◇Global Development Programのコンパクト化などでNS育成の充実を図る伊藤忠
◇海外ブロックの育成施策、「タレントマネジメント」によるNS登用が進む伊藤忠
◇「経験」「処遇」「研修」の三位一体でグローバル人材の育成・強化を図る丸紅
◇若手を始め、次世代リーダー育成、赴任者家族向けなど研修内容が充実する丸紅
◇グローバル・ワークショップなどを通じ、現場で活躍できるNSの育成を進める丸紅
◇GALPなどを通じ、グローバル連結での経営者育成に注力する豊田通商

図1   三菱商事の人事体制
図2   伊藤忠商事・若手の新旧育成体系
表    大手商社のグローバル人材の育成に携わる組織と主な育成策
○ 三井物産の若い次期社長を筆頭に従来の慣例を打ち破る役員人事が目立つ各社
☆コーポレートメッセージの具現化のための取り組みなどが評価され、「誠実な企業」賞において最優秀賞を受賞した伊藤忠商事
☆4月の機構改革で4部門9本部制からフラットな9本部制とする双日
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。