backnumber
No.2086
2015/03/11
ご注文はこちら
Theme

大手商社のグローバル人材育成への取組状況(前)

海外事業投資先の拡大で、グループ一体の人材施策を推進する各社

◇MVV浸透でグローバル・グループ経営を担う次世代リーダーを養成する三井物産
◇初期教育期間の6年間で、担当職全員を必ず半年から2年海外に派遣する三井物
◇本社社員・NSに加え、重要パートナー企業幹部候補もGMAで切磋琢磨する三井物
◇海外4極の人事担当との連携が軌道に乗り、NSの広域活用が促進する住友商事
◇社員の語学力向上支援、海外派遣増加に寄与する制度が充実する住商
◇社長懇談会やコーポレートバリューのレクチャーなど、NS研修の充実を図る住商
◇人材データベースの構築、グローバルモビリティポリシーの策定に乗り出す住商
◇海外ビジネスを拡大し、常に新しい価値観を世界に提供できる人材を育成する双日
◇英語力強化を目的とした昇格要件の変更で、社員の英語スキルが着実に向上する双日
◇新企業理念・行動指針の定着を図り、全世界ベースでの一体感醸成を目指す双日

表1   三井物産の研修体系(担当職)
表2   三井物産の研修体系(担当職・業務職共通~本店主催NS向け研修)
○ 郡山市との連携協定締結で果樹農業6次産業化プロジェクトに乗り出す三菱商事復興支援財団
☆次世代・機能推進本部を再編し、総合力をより機動的かつ有効に発揮する三井物産
☆仕事と育児のハンドブックを全社員に配布し女性活用の意識改革を促した住友商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。