backnumber
No.2082
2015/02/11
ご注文はこちら
Theme

大手商社「資源開発ビジネス」の取組状況
(金属資源後編)

新規大型投資を控え、既存権益の拡張、資産価値向上などに注力する各社

◇“より高い品質”“より多い鉱量”を追い求めて金属資源の確保に注力する三井物産
◇新規権益取得、拡張工事の計画前倒し完了など、鉄鉱石分野が順調に推移する三井物
◇モザンビークで炭鉱事業に参画し、石炭の供給ソース多角化を図る三井物
◇西豪州での新規権益取得、ブラジル鉄鉱石事業関連資産の統合など、鉄鉱石権益の維持・拡大に努める伊藤忠商事
◇豪州Maules Creek炭鉱、インドネシアSMM炭鉱が相次いで出荷開始した伊藤忠
◇多額減損の原因分析、改善策の策定で、資源ビジネスの立て直しを図る住友商事
◇銅、鉄鉱石、合金鉄等の分野で既存ビジネスに粛々と取り組む住商

表   大手商社が保有する金属資源権益の一覧表
○ グループ制導入など15年振りに大規模な機構改革を実施する丸紅
☆水素社会実現の第一歩、FCV向け水素ステーション運営事業に乗り出した豊田通商
☆楽天市場のShop of the year総合賞を6年連続で受賞した住友商事グループの爽快ドラッグ
Information
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』 4月30日(金)発売予定。
  • ◆ 大手商社の『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。