backnumber
No.1921
Array
ご注文はこちら
Theme

地域特集③ 大手商社の中国ビジネス(後)

有力企業との戦略提携が進展し、内需対応型事業、環境・新エネ事業が加速

◇ 今年4月より中国についてAP本部傘下を改め本店直轄地域とした三井物産
◇ 市況の回復でオルドス電力冶金やコイルセンター事業などが好調に推移した物産
◇ 新希望集団、光明食品など有力パートナーとの提携に基づく展開が進展する物産
◇ 水事業、EMS事業、低温物流事業が進展し、新規事業でTV通販関連、医薬品事業などに参画した物産
◇ 金属、化学品・エレクトロニクスの好調で現法の持分利益が大幅増益となった住友商事
◇ 大唐集団新能源や北京キャピタルとの提携で環境・新エネ関連に注力する住商
◇ 食料の吉林糧食集団との提携や家電リサイクル事業への参画など~住商
◇ ベアリングや自動車部品などの機械、化学品が好調で単体取扱高が増加した双日
◇ 重慶、ハルピン、武漢、唐山の4地域を重点地区とし内陸部の対応強化を図る双日
◇ Eコマースサイト運営事業やベーカリー事業参入で内需対応に注力する豊田通商

表1   大手商社の中国の人員・取扱高・主力商品・合弁会社数など一覧表 
表2   大手商社の中国の主要な事業会社 
表3   大手商社・中国の拠点別駐在員数と現地社員数 
表4   大手商社の中国現地法人
○ 非資源強化策の一環として5年後に利益倍増を目指す三井物産の化学品セグメント
☆ 中国の「不動産バブル」を各商社の中国専門家はどう見ているのか?
☆ 「経営幹部が一丸となってコングロマリットを攻めましょう」と言う丸紅の上席役員
Information
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』 4月30日(金)発売予定。
  • ◆ 大手商社の『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。