backnumber
No.1984
2013/01/30
ご注文はこちら
Theme

大手商社「資源開発ビジネス」の取組状況
(エネルギー資源編)

獲得競争が激化する中、非在来型に活路を見い出す各社

◇次世代に向けたビジネスモデルの進化として探鉱や操業能力の強化を図る三井物産
◇サハリン2の貢献などで持分生産量が20万B/Dを大きく上回る物産
◇探鉱から参入したモザンビークで大規模なガス埋蔵量を確認しLNG化を目指す物産
◇「E&Pの育成・強化」を重点戦略の一つに掲げ、体制強化を図った三菱商事
◇開発案件の立ち上がりやシェール等の新規資産取得で順調に持分生産量を伸ばす商事
◇ドンギ・スノロの進捗やブラウズの権益取得など強みを持つLNG分野で圧倒的な存在感を発揮する商事
◇知見のある地域を中心に在来型、非在来型問わず優良案件の獲得を目指す丸紅
◇米国において2件のシェールオイル・ガスプロジェクトに相次いで参画した丸紅
◇Samson買収で北米における非在来型石油・ガス開発の知見を取得した伊藤忠商事
◇着実な資産の積み増しで持分生産量を6万B/Dまで引き上げた伊藤忠
◇石油・ガスを流動性のある商品と位置づけ、ポートフォリオの拡充を図る住友商事
◇先行者の強みを活かし、米国における非在来型石油・ガスに相次いで参入する住商
◇競争および将来性のある案件を個別に判断し、安定的に投資を行っていく双日
◇英領北海やカタールで新規油・ガス田の生産がスタートした双日
◇上流事業への関与を深め、事業チェーン構築を図る豊田通商

表1   大手商社の石油・ガス権益の持分生産量(原油換算)
表2   大手商社・エネルギー資源開発の参画プロジェクト一覧表
○ ボードの異動はほとんどなく、新任役員は7名ぐらい誕生する伊藤忠商事の役員人事
☆コミュニケーション&リラクゼーションスペースを設置した住友商事の生活資材本部
☆近隣小学校に通う6年生を招き、環境保全等の校外学習を実施した伊藤忠商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』発売しました。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。