backnumber
No.1221
1997/03/26
ご注文はこちら
Theme

国内産業の空洞化で拡大基調を続ける
大手商社の海外工業団地

アジア市場の成長で輸出加工型よりも現地の内需対応型企業の進出が急増

◇ ハードとソフトの両インフラを兼ね備え継続的な商内をめざす住友商事
◇ 総合力を発揮した展開でフィリピンやベトナムの案件に注力する住商
◇ その国の成長段階に合わせてミャンマーなどの団地に注力する三井物産
◇ タイのバンパコン工業団地を核に事業を拡大する伊藤忠商事
◇ フィリピンからベトナム・中国と工業団地に重点をシフトする三菱商事
◇ 主体的な展開で総合コミュニティーとしての開発をめざす丸紅
◇ ベトナムの案件で従来の販売代理から主体的な開発に乗り出した日商岩井
◇ 下位商社では兼松が案件の掘り起こしに意欲的に取組み中

表   大手商社が取組む海外の工業団地
○ 大きな収益源として安定した業績を上げるトーメンのサイロ事業
☆ 「DiviCo」の新戦略で物産・商事との求人合戦を有利に戦おうという伊藤忠
☆ 3条件を満たす企業はバブル時と株価が変わらないというトーメンの上席役員
☆ 超免疫バイオ技術による免疫ミルクの啓蒙と拡販に注力する兼松ウェルネス
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。