backnumber
No.1247
1997/10/08
ご注文はこちら
Theme

大手商社9社の97年度中間決算の業績予想

住商・兼松が赤字から脱却し輸出の好転で各社とも緩やかな増収増益に

◇ 通信機器やブランドものが好調で売上高・利益とも期初見通し通りの伊藤忠
◇ 通信機器や自動車の輸出が好調で業績はほぼ期初目標通りの三井物産
◇ 大口の特損もなく期初予想より利益が若干上回る見込みの丸紅
◇ 鉄鋼・機電などが好調で半期で初めて総利益1000億円を突破する住友商事
◇ 総利益は伸び悩みだが燃料・化学品などで受取配当金が大幅増加の三菱商事
◇ 前期からの勢いを持続し売上高・利益とも見通しを上回りそうな日商岩井
◇ 好調商品が多く株式売却益などで利益は予想通りか若干増のトーメン
◇ 繊維の不振で若干減収だが販管費の改善などで利益は見込み通りのニチメン
◇ 売上高は若干減だが金融収支の改善で期初予想通りの利益を見込む兼松

表   大手商社9社の97年度中間決算の業績予想
○ 主力の農薬製剤販売のほか肥料や種子などにも取組む丸紅のHelenaChemical
○ 昨年の秋からはじめたウナギの蒲焼き事業が急拡大するニチメン
☆ 今になって生きてきた株式総数を増やさなかった住友商事のやり方
☆ トーメン・兼松の株価がついに200円を割った背景
☆ どういうわけか”真向法”の道場へ通い始めた伊藤忠商事の室伏社長
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。