backnumber
No.1254
1997/11/26
ご注文はこちら
Theme

大手商社9社の97年度中間決算「売上高」分析

円安基調を背景に機械などの輸出増で各社とも増収傾向に

◇ 燃料化学品など4商品が増収の伊藤忠商事・機械が2ケタ増の三井物産
◇ マンションは減少したが微増収の丸紅・物資建設他を除く5品目が増収の三菱商事
◇ 上位商社で唯一減収の住友商事・9社中最大の伸び率の日商岩井
◇ 機械や食料が好調なトーメン・不振商品が多く減収となったニチメンと兼松

表1    97/9中間決算の好調・不調商品
表2    為替変動による売上高の増加額
表3    98/3期業績見通し
表4    大手商社9社の97/9中間業績と3力年の推移
表5    大手商社9社の97/9中間「形態別売上高」と3力年の推移
表6    大手商社9社の97/9中間「商品別売上高」と3力年の推移
○ 米国などの活発な農業生産を背景に好業績を上げるTomenAgro
○ ディスクロージャー優良企業として3年連続トップになった三菱商事
☆ 建設・不動産から住宅部門を分離独立し12月に「伊藤忠都市開発」が発足
☆ 明年早々にも情報産業本部を完全に分離独立させる方針の三井物産
☆ 東北電力の卸電力入札でニチメンの内定が決まった背景
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。