backnumber
No.1267
1998/03/11
ご注文はこちら
Theme

石油開発などで活気づく
大手商社のClSへの取組状況と今後の展望

中央アジアのエネルギー資源開発やインフラ整備など商圏の拡大をめざす

◇ 自動車産業への進出を模索する物産・エネルギー分野に注力する日商岩井
◇ ウズベクで工業団地を開発する住商・有力金融グループと包括提携する商事
◇ カスピ海油田で開発事業に注力する伊藤忠・州などと包括提携を結ぶ丸紅
◇ 事業の現地化をめざすニチメン・医療品事業を強化するトーメン

表1    大手商社9社「ロシア」の97/3期売上高と主要商品
表2    大手商社9社「CIS」諸国の97/3期売上高と主要商品
○ 4月に誕生する伊藤忠商事と三菱商事のそれぞれの新社長のプロフィール
○ 投資基準の設定でより採算性・戦略性を重視した事業投資を行う住商とニチメン
○ 新本社ビルを建設し2001年の春をメドに移転する住友商事と日商岩井
☆ 物資のエースを投入し本格的に伝統の繊維部門を立て直し始めた丸紅
☆ 「みんな4月スタートなのにうちは従来通りなの…」という三井物産の役員
☆ 今回のクレジットクランチを”激症肝炎”のようだと語る日商岩井の常務
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。