backnumber
No.1302
1998/11/25
ご注文はこちら
Theme

大手商社9社の98年度中間決算「売上高」分析

円安で機械・鋼材は輸出増だが内外の市況低迷でほとんどの商品が不振

◇ 9社平均売上高は全形態・全商品が減収に
◇ 9社で唯一6兆円台の伊藤忠・上位商社で最も落ち込みの大きい三井物産
◇ 6品目が減収だが金属が健闘した丸紅・加工食品など食料が伸びた三菱商事
◇ 全品目で減収となった住友商事・小幅の減収にとどまった日商岩井
◇ 全形態と全品目が減収のトーメンと兼松・機械や食料が健闘したニチメン
◇ 内外の厳しい環境を鑑み99年3月期の通期業績見通しは8社が下方修正

表1    98/9中間決算の好調商品・不調商品
表2    為替変動による売上高の増加額
表3    99/3期業績見通し
表4    大手商社9社の98/9中間業績と3力年の推移
表5    大手商社9社の98/9中間「形態別売上高」と3力年の推移
表6    大手商社9社の98/9中間「商品別売上高」と3力年の推移
○ 伊藤忠に続き丸紅が取得するなどISO14001の認証取得への動きが活発化
○ 大手商社の広報戦略について③
☆ 「前年比で交際費を半減しなさい」という三井物産の上島社長
☆ ジョホールで零細企業を対象に工場を建設する三菱商事の環境・資源P部
☆ 横並びをやめ他社より1日早く中間決算を発表した兼松
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。