backnumber
No.1316
1999/03/17
ご注文はこちら
Theme

21世紀の新しい経営環境に対応し
少数精鋭化をめざす大手商社の職能部門

改組による職能部門の機能強化・定型業務の分社化・直間比率の改善など

◇ 3つのコンセプトに基づき職能部門の大改編を行った三菱商事
◇ 2001年の新本社ビル移転をメドに管協部門を営業に分散する方向の住友商事
◇ 持ち株会社のコーポレートスタッフを目指す伊藤忠商事の総本社
◇ 業務を3つに切り分けて”軽くて強い鎧”を目指す三井物産の管理部門
◇ 職能業務の吟味でさらなる”小さな本社”をめざす丸紅
◇ 職能組織のフラット化と職能全般のサービス会社の設立をめざす日商岩井
◇ 大規模に縮小したニチメン・組織の集約や分社化を検討するトーメンと兼松

表1    大手商社「職能部門」の人員と比率の推移
表2    大手商社「職能部門」の主なアウトソーシング会社
○ 役員数を30名半ばに激減させ執行役員制はやらない三井物産
○ 専務制をなくし幹部会議は副社長以上とする方向の住友商事
☆ 今年から役員待遇は引込み線ではなく常務への道となった三菱商事
☆ こんな時代になって海外のネットワークが大いに生きてきたと話す住友商事
☆ トレードピアの休刊に続いて商事のインフォーダイヤが廃刊へ
☆ 大手商社の98年度決算の発表は5月18、19、20日に分散
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。