backnumber
No.1347
1999/11/03
ご注文はこちら
Theme

活発化する大手商社の
非遺伝子組み換え大豆への取組状況

各社とも従来からのIPハンドリングシステムの精度向上に注力

◇ 従来の契約栽培の精度を高めつつ検査・認証業務にも参入した三菱商事
◇ この10月から食品用大豆のほぼ全量をNon-GM大豆に切り替えた伊藤忠商事
◇ 従来のバラエティ大豆に加え一般のIOM大豆の分別物流にも乗り出す三井物産
◇ 高純度のNo11-GM大豆の供給を目指し隔離生産供給システムを構築した丸紅
◇ 従来の流通経路にチェック機能を高めて分別流通・保管を徹底するトーメン
◇ 検査・認証業務や保険など商流の絡まないフィービジネスに住力する日商岩井
◇ 現時点では取扱う品種、品目、数量が確定していないという住友商事

表   大手商社のNon-GM大豆を取扱う組織とその輸入取扱量および取組概要
○ 隆々か存続か消滅かを2年後に迫られる丸紅の「ソリューション事業部」
○ 大手商社の99年の退任役員とその新就任先一覧表
○ 大手商社の経営戦略(7)
☆ 約4000億円の特損を出す伊藤忠商事に対する大手商社各社の反応
☆ 合従連衡・M&A・未来事業で魅力ある企業にしたいというニチメンの常務
☆ 「新幹線に特急や普通列車の前を走らせる」ような新人事制度~伊藤忠
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』発売しました。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。