backnumber
No.1354
1999/12/29
ご注文はこちら
Theme

大手商社のこの1年(99年)の主な動き

兼松の総合商社脱落など勝ち組と負け組が鮮明に

◇ 社長交代と執行役員制がそれぞれ3社で実施された今年の役員人事
◇ 選択と集中による効率化と新経営システム・新しい潮流への対応
◇ 成果主義の新人事制度への切り替えと総人員のさらなる削減策が進む
◇ 地域法人化や統廃合を進める国内店・米州と欧州で広域経営が進む海外店
◇ 前年に引き続き非常に厳しい内容だった99/3期と99/9中間の連単決算
◇ インターネット関連と移動体通信のコンテンツに注力する情報産業
◇ 円高に加え総資産の圧縮で長期のビジネスがストップし苦境に陥った機械
◇ 関係会社の統廃合や商権の見直しが大規模に行われた鉄鋼と非鉄
◇ サハリンの大型プロジェクトが始動した燃料・組織の改編が相次いだ化学品
◇ 川下分野への取組みが活発化し海外で供給源の確保にも余念がない食料
◇ 物資のEC・繊維の高機能素材・建設の不動産流動化など新業態への挑戦
◇ 物流・リテール事業、金融事業、環境ビジネス、介護ビジネスなど

○ 99/9中間における大手商社8社の単体・連結有利子負債の削減状況
○ 兼松の蹉跣~総合商社からの脱落
☆ 取引きのないメーカーなどにもSCMについて講演する住友商事の副社長
☆ 若手の退職で人事のやりくりが難しいところも出てきた三菱商事の準定年
☆ 土日も出社し先行商社を追い上げる構えのニチメン住・生活産業部門長
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。