backnumber
No.1441
2001/10/17
ご注文はこちら
Theme

復活の兆しを見せる大手商社の中東ビジネス

油価高騰を背景に丸紅など5社で取扱高が大幅増加

◇ インフラ工事や設備投資などプラント商内が絶好調の三井物産
◇ 自動車や石油化学で安定収益をあげる事業会社を擁す伊藤忠商事
◇ エネルギーに加えトルコの自動車販売が好調な住友商事
◇ 得意のエネルギーを中心に唯一100億ドルの大台に乗せた三菱商事
◇ カタールLNGやトルコの発電事業が好調な丸紅
◇ 取扱高の6割をプラントや自動車など機械関係が占める日商岩井
◇ イランに太い人脈を持ちアザデガン油田プロジェクトが注目されるトーメン
◇ サウジの変電所とサウジ・イランの自動車が商内の中心を担うニチメン

表1   大手商社の01/3期・中東地域における取扱高
表2   大手商社の中東地域における主要な事業会社
表3   大手商社の中束地域の陣容
○ IT革命の第ニステージで企業価値の向上を目指す「新生・日本ユニシス」
○ クリーンエネルギーのみを分社化しアジアのIPP事業は本体に残すトーメン
☆食料・繊維・リテールなど4営業本部が一つになる生活産業グループ~三井物産
☆「嫌われたが情報関連の株を売って良かった」という住商の財経グループ長
☆10月から東証の株式欄が商業からサービス欄に変わった日本ユニシス
☆円安・原油高で推移した01年度中間決算を11月中旬に発表する大手商社8社
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。