backnumber
No.1464
2002/04/10
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2002年3月期連結業績予想

営業利益までは予想通りだが、株式評価損の拡大で純利益は下ブレか

◇退職信託設定益などで純利益800億円を達成する見込みの三菱商事
◇退職信託設定益と持分法利益の増加で銀行株の有価証券評価損をカバーする三井物産
◇株式評価損が大きく響き純利益を300億円に下方修正した伊藤忠商事
◇消費流通事業本部のリテール関連子会社群が業績好調な住友商事
◇“A”PLANの断行で大幅赤字となるが予想以上はブレない見込みの丸紅
◇事業ポートフォリオの再構築で売上高・営業利益とも弱含みの日商岩井
◇アジア向けの機械が回復の兆しを見せ始めたトーメン
◇ITX等の評価損を事業再編の売却益でカバーするニチメン

表1   大手商社の2002/3月期連結業績予想
○ 機能強化と生産性向上に向けコーポレート部門を改組した住友商事
○ 社内カンパニーを6つに集約し、リテール事業部を新設するニチメン
☆機能別に分類され今月中旬から新たな門出を飾る三井物産の「生活産業総括部」
☆繊維などの優良子会社を取り込むニチメンに感心するトーメンの役員
☆来年度の新卒採用を前年比で2~4割も増やす三井物産の深慮遠謀
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。