backnumber
No.1477
2002/07/17
ご注文はこちら
Theme

大手商社「燃料部門」の活動状況と今後の重点施策

多数の権益を擁し、200億円以上の純利益を稼ぐ物産と商事

◇JAL-MIMIやMILNEDなどLNG関連の子会社好調で、トップを維持した三井物産
◇営業利益は大幅減益になるも、持分利益や配当で巨額の利益を稼ぐ三菱商事
◇トレードは苦戦するが、カタールの配当でカバーした伊藤忠商事
◇ラーバ油田の持分利益などの減少で、減益を余儀なくされた丸紅
◇資源関連などのウミを一掃し、黒字転換を果たした住友商事
◇ニチメンからの商権買収などで収益基盤強化を図る日商岩井
◇イランへの取り組みを通し、周辺ビジネスへの波及効果を狙うトーメン
◇LPGや石油炭素事業を売却し、事業ポートフォリオの再構築を図るニチメン

表1    大手商社「燃料部門」の02/3期連結業績
表2    大手商社「燃料部門」の02/3期単体業績
表3    大手商社「燃料部門」の02/3期商品別売上高
表4    大手商社の02年度の前提原油価格
表5    大手商社「燃料部門」の人員
表6    大手商社「燃料部門」の主要な関係会社
○ カタールの配当で純利益14億円を稼いだエルエヌジージャパン
○ 大手商社「東北ブロック」の02/3期の業績比較
☆三井物産の“2段部制”でとんだ余波を受けた三菱商事のユニット長
☆11月の日曜日に主要事業会社20数社の社長を集めて経営会議を行う伊藤忠
☆エーエム・ピーエムへの出資は以外にも「生活産業グループ」だった三菱商事
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。