backnumber
No.1479
2002/08/07
ご注文はこちら
Theme

大手商社「化学品部門」の活動状況と今後の重点施策

物産が赤字に転落するなど未曾有の市況低迷で苦戦した各社

◇Novusのリストラで赤字となったが、グローバル戦略で立て直しを図る三井物産
◇前期に懸案のAristechを処分し、黒字転換を果たした三菱商事
◇懸案のスチレンモノマー製造会社の底入れを図るトーメン
◇タキロンなど有力関係会社の不振で減益を余儀なくされた伊藤忠商事
◇リサイクル関連や調剤薬局事業は健闘したが、電子材料が不振だった丸紅
◇Cantexの不振を中東・東欧向け農薬の好調でカバーする住友商事
◇プラ・ネットやGCHの設立などでグループ経営の深化を図る日商岩井
◇アライアンスなどを利用し、得意分野で業界№1を目指すニチメン

表1    大手商社「化学品部門」の02/3期連結業績
表2    大手商社「化学品部門」の02/3期単体業績
表3    大手商社「化学品部門」の02/3期商品別売上高
表4    大手商社「化学品部門」の人員
表5    大手商社「化学品部門」の主要な関係会社
○ 順調な滑り出しをみせるアリスタ ライフサイエンス
○ 合樹分野で商社業界No1を目指すプラ・ネット・ホールディングス
☆“カネを使わないビジネス”を推進し有利子負債の削減が急ピッチで進む丸紅
☆「付加価値の高いビジネスを目指す」という三井物産の合成樹脂本部長
☆「70点の石橋なら渡りなさい」とアグレッシブな経営姿勢のITF・木寺社長
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。