backnumber
No.1503
2003/02/05
ご注文はこちら
Theme

30周年特別企画④ 総合商社の軌跡
第三部 商品部門別収益構造の推移(後)

時代の変遷とともに革新する総合商社の主力商品部門

◇伊藤忠が安宅産業の合併で一気に事業規模を拡大した金属部門
◇売上高競争のさなか、金定期や金のディーリングがスタート ――1980年代  
◇鉄鋼製品が商社の間尺にあわず分社、金属資源投資が活発に ――――1990年代  
◇商事のブルネイLNGが巨額の利益をもたらした燃料部門   
◇サハリンやカタールなど、資源投資案件が相次ぐ ――1990年代
◇上位から下位商社まで得意分野に特化し、安定した収益を上げる化学品部門
◇販売子会社の設立が相次ぐとともに、下位商社で分社化が進む ――1980~90年代   
◇マンションブームやレジャー開発が活発な物資・建設部門    
◇巨額の不良資産に苦しむ建設部門、安定した収益を誇る物資部門――1990年代

表1   大手商社「金属部門」の売上高の20年の推移 
表2   大手商社「金属部門」の単体売上総利益の20年の推移 
表3   大手商社「燃料・化学品部門」の売上高の20年の推移 
表4   大手商社「燃料・化学品部門」の単体売上総利益の20年の推移 
表5   大手商社「物資・建設部門他」の売上高の20年の推移 
表6   大手商社「物資・建設部門他」の単体売上総利益の20年の推移
○ 総合商社の軌跡② 目まぐるしく変わる注目分野に迅速に対応する情報産業部門
○ 明春に小島、桜井、上野氏のいずれかの社長昇格が予想される三菱商事のトップ人事
☆取締役の執行役員兼任を改める方針の三井物産
☆4月からIT事業部門の衣替えをし、装い新たにスタートする丸紅
☆大変な反響があった三井物産の元副社長の「経営支援NPOクラブ」
Information
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』 4月30日(金)発売予定。
  • ◆ 大手商社の『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。